相棒宝塚、観てきました



    行ってきたよー!初日だよー!うぉードッキドキ~☆
    ネタバレ見たくない人は注意してね。


    席はかなり後ろの列でした。でも見やすい場所で、よかったです。客層は、お姉様や奥様方がほとんどだろうと思っていましたが、意外と男性の姿も見えました。相棒ファンなのかなぁ?

    まず全体の感想を言うと、面白かったです!
    ミュージカルが苦手な人はちょっとしんどいかもしれないけれど、そうでなければ全然無問題です。宝塚独特のメイクや男装など、全然気になりません。良い意味で、普通の舞台です。見て損はないです。もちろん、元ネタの役者さんとは別の人が演じているわけですから、「違い」はありますが、それも含めて楽しめると思います。

    ぱっと見て右京さんのコート丈、ちょっと長いなぁと思ったんですが、違うのね。コート丈じゃなくて、役者さんの身長が高いんですね。だからコート全体が長い。

    さすが美女の集まり宝塚、みなさんスタイル抜群です。顔ちっせぇえ!足なっげぇえ!婦人警官たちのダンスはたまらんかったっす。ミニスカタイトから伸びる足が!足が!何を食ったらあんな美脚にっ!
    右京さんはともかく……8等身の米沢さんはかなり衝撃的でした。あの、なんて言うんだろう、ヤじゃないんだけどね、その。福本伸行作品の同人誌とか、きれいなジャイアンとか、思い出しましたよ。

    * * * * *

    役者さんが、原作ドラマのイメージを大切にされているのがよくわかりました。右京さん独特のしゃべり方、すごく良かったです。他のキャラも特徴をよく捉えているなぁと思いました。相棒ファンから見ると嬉しいことだけれど、宝塚花組のファンからすると、こういうのは白けたりしないのかなぁとちょっと心配……。でも、会場からあふれる笑いからは暖かなものを感じました。

    「相棒」なので、物語の中心はやはり事件でした。登場人物の設定は違っていたけれど、これ、前シーズン(うろ覚え)で放映した事件ですねー。うん、あれ面白かったよね。登場人物の設定に合わせて細かいところ(台詞や状況)を変えているのがすごいなと思いました。
    物語の作り方がすごく丁寧なんですね。「相棒」を知らない人にもわかりやすい作りになっていたと思います。

    * * * * *

    あっと言う間の2時間でした。いやぁ~よかったよかった。宝塚すごいわ。
    欲を言うなら、大河内さんも出してほしかったとか、亀山バージョンも見てみたいとか、そんなところですかねぇ。宝塚タッチは、神戸くんも違和感ないけど、亀山くんでも十分面白いと思うんだ!
    あ、あと、たまきさんが妙に可愛くて萌えました。ドラマの方ではのほほ~んとしつつもしっかり者でクールというイメージですが、舞台の方はとにかくかわいくてかわいくて……萌え過ぎて禿げそうでした。

    クリスマスに合わせた(?)演出もよかったなぁ。年が明けたら、あの辺は変わるのかしらん。

    * * * * *



    そしてこちらの画像は梅田芸術劇場前のクリスマスイルミネーション☆です。きれ~だったので思わず。
    メリークリスマス!