もうどうしたらいいかわからない

    カーチャンがカレーうどんを作ってくれました。なんでも、美味しいカレーうどんの出汁を手に入れたのだとか。キャッキャ♪ルンルンしながら実家へ行くと。

    まずキッチンに異変を感じました。でもまさかそんな、気のせいだよ~と思いなおし、テーブルへ。ほかほかのカレーうどんを覗きこむと、そこにも何か違和感があって。
    えっと。確かにカレーうどんの匂いがするんだけれど、なんだろうこの違和感は……?(RPGのダンジョンを進むときのBGMをお願いします)

    * * * * *
    カーチャン曰く
    「ネギが無かったのよねぇ」
    なるほど、この緑色の野菜はネギではないのね。……で、何?
    「大根の葉っぱよ~」
    そっか~あはっ!無かったのなら仕方がないね!彩りとしてはアリだよね~同じ「野菜」だしね~うんうん。

    「他に入れるものがなくてぇ~」
    うん、大根の葉っぱ以外にも具材が見えるね。
    でもなんかこぅ、認めたくないっていうか、その。恐る恐る、一応訊いてみる。

    「おあげさんだよ~」

    やはりそうか、やはり!きつねうどんに入っている、あの甘いうす揚げか!!キッチンでうす揚げを見たときはまさかと思ったが、本当に入ってるとか、もう!


    一縷の望みを持って、うす揚げを口に入れてみた。激甘かった。

    やっぱりか!きつねうどん用の味付け済みのあれかぁああああ!!


    カレー味の出汁は美味かった。美味かっただけに、なんとも言いようのない脱力感が、体内を駆け巡るのを止められなかった。

    カーチャンは満面の笑顔で言う。
    「ねっ、美味しいでしょ!」

    もちろん、カーチャンも同じカレーうどん(甘いおあげさん入り)を食べている。

    カーチャンは悪くない。美味しいものを食べさせてあげようと、がんばった結果がこれなのだ。甘いのと辛いのはケンカすることなく、お口の中で仲良くどっこいしょと食道を滑り降りる。きっと胃の中でも、仲良く消化されてゆくことだろう。だから、本当に何も悪くはないんだ。
    でも。
    「美味しいでしょ!」の台詞に、なんと答えていいか わ か ら な い 。

    まるっと完食して、実家を後にした。
    今度、カーチャンをカレーうどんの美味しいお店に連れて行ってあげようと思います……。

    ※大文字フォントの部分について、行間がみっしりで読みにくいかもしれませんが、当時の感情(動揺)を表現するための仕様です。ご了承ください。



    Comments Comments (2)

  • 青木のはらさん>
    焦げているのに生……あるあるすぎて目頭が熱くなりました。
    びっくりしますよねーこわいですよねー
    がんばって、「びっくりシリーズ」と戦っていただきたいものです。
    私もがんばりま……す……

    1 佐木田 said this (2010 年 1 月 30 日 at 20:49)


  • ああ、わかります。
    わたしにとってそれは、チャーハン(焼き飯か?)です。
    なんでも入れてしまえばいいというもんじゃないし、焦げているのに生っていうのもどうかと・・・ねえ?
    それは「びっくりチャーハン」と命名され、恐れられているのです。
    そして「びっくりシリーズ」は他にも沢山あるのでした。

    2 青木のはら said this (2010 年 1 月 30 日 at 10:49)