【お仕事】「処女(おとめ)は神社で×××する」story02

    処女は神社で×××する2

    白泉社の電子書籍 Love Jossie vol.11
    「処女(おとめ)は神社で×××する」の2話を描かせていただきました。
    2016年8月1日より配信開始です。

    * * * * *

    2話目ですが、これだけ読んでも全然大丈夫です。1話が気になる方は、半額キャンペーンをやっている書店サイトもあるので、探してみてくださいね。Amazonのkindle unlimited会員の方は読み放題で1話がまるごと無料でお読みいただけますよ!>こちら

    こちらのお話はシリーズとして続く予定です。1話完結(読みきり)なので、どのお話からでも、お気軽に手に取ってもらえればと思います。
    お話の作り方としても、短編のようにギッシリ設定やエピソードを盛り込んでというやり方ではないので、私自身この二人がこれからどうなっていくのかな~と楽しみながら描いております。読者さんにも、そんな風にまったりお付き合いいただければうれしいです。


【お仕事】「社長のみだらなシンデレラ」【再録】

    社長×絶倫
    社長のみだらなシンデレラ

    2016年7月28日、
    宙出版より発売のアンソロジーコミック「社長×絶倫」
    「社長のみだらなシンデレラ」 が掲載されています。

    2015年、「Young Love Comic aya」にて掲載された作品の再録です。見逃した方はぜひぜひ!

    * * * * *

    それからもう明日なんですが、「処女(おとめ)は神社で×××する」の第2話が配信開始されます!2話となっていますが、これだけ読んでも全く問題ありませんので、お手に取っていただけると嬉しいです!>白泉社e-net!

    最近は電子書籍のお仕事が多くなってます。配信開始日は各サイトによってまちまちなので全部把握しきれず、ブログでの告知が大雑把になって申し訳ないです。気が付いたところからtwitterでお知らせできればと思うので、よければtwitterの方もフォローしておいてもらえるとうれしいです。>@sskita

    twitterといえば、お仕事とは全然関係ない趣味のアカウントもあったりします。今はもっぱら刀剣乱舞のラクガキなどを載せています。興味のある方は仲良くしてやってください(*´v`*) CP要素、エロはほぼ無いですが、もしかしたら腐発言があるかもしれません。源氏ばんざい組です。>@sskita_02


【お仕事】「エロギャルソンは食べ足りない」

    エロギャルソンは食べ足りない
    kedamono4-QR

    コミック小学館ブックスの電子書籍 mobaman-Fの
    「極上!ケダモノ男子 vol.4」
    「エロギャルソンは食べ足りない」を描かせていただきました。
    2016年6月10日より配信開始です。

    * * * * *

    こちらも初めての版元さんでのお仕事です。光栄なことに表紙も担当させていただきました。扉絵共に華やかでキラッキラなデザインになってて、気に入っております!

    発表の場が変わるたび、初めて私の漫画を手に取ってくださる方もいるのかと思うと緊張でめまいがします。でもとても楽しく描くことが出来たので、読者さんにも気に入ってもらえるといいな(・´ω`・)
    私の大好きな「普段はほんわか優しい彼だけどLOVEのときは野獣になっちゃうよ」的な彼氏なので、ぜひぜひ読んでみてください!


過去作品もよろしくです

    スクショ

    Renta!さんで「秘めやかな残業」が新しく配信されたことで、過去作品もお手に取っていただけているようです。ありがたい!うれしい!ということで記念にスクショ取っておきました(^ω^)タイトル横の赤い表示が、ランキングが上がった印なのです。どのくらい読まれているのが「人気急上昇」にあたるのかよくわかりませんが、なにかしら気になってくださったのは事実のようです。

    こういうのを見ると、定期的に作品を発表するのは大事なんだなぁと思います。新しい作品を気に入ってくれたら「古い作品も見てみよう!」と思ってもらえるんですよね。

    自分は手が遅いほうなので、短いスパンで新作を発表できるわけもなく(描きたい!という気持ちはあるんだけど)歯がゆいです。発表しなきゃ忘れられちゃうしね……世の中には面白い漫画がこんなにたっくさんあるんだから。

    最近、出版社から発表済みの原稿が戻ってきて確認をしているんだけれど、見ると拙くて恥ずかしかったり当時の自分に突っ込みたくなるようなトコがあったりします。けど、これはその時の自分の精一杯なんだから、いいんですよね。と思う。うん。

    昔の作品は紙のコミックス版はもちろん、最近kindle版も販売開始したので、ぜひぜひ読んでみていただけると嬉しいです。



ネーム講評会2016

    ネームと刷り出し

    今日は漫画家志望者さんを集めてネーム講評会を開きました。
    (画像は私の漫画のネームと刷り出し)

    元々は私が漫画専門学校の講師をしていた繋がりで、元生徒さんのフォローのために開いていたのですが、うちのアシスタントさんの間で話題となり「私も参加したい!」との声を受けてやることに。

    毎回、驚くほどあっという間に時間が過ぎるこの会、カフェなどで長居するのは難しくなってきたので今日はワークスペースを借りました。予約ができないので利用できるか心配だったんだけれど、早い時間に行ったせいか良い席に案内されました。良かった!

    この会に参加される方は皆さんとても熱意があって、作品のレベルも高いです。でも高いが故に壁にぶち当たった時どうすればいいか迷うみたいで。基本的なこと、初心者向けの漫画の描き方などはネットや本で情報が手に入るけれど、ある程度描ける人の悩みというのは複雑かつ多岐にわたり、なかなか答えが見つからない。そして相談できる相手がいない。これがネックなんですよね。

    編集担当さんが付いている方もいるのですが返事が来ないとかネームが進まないとか。こういう話はどこですればいいかわからないよね。漫画描かない人に言ってもしょうがないしね。わかるよその気持ち。

    同じくらい技術があって同じくらい熱意を持った志望者さんが集まるのは、なかなか難しいことなのかもしれません。参加者さんの話を聞いてると「こういう集まりは貴重だ」とのこと。

    結局6時間(!)漫画トークで盛り上がりました。2次会はごはんを食べに行って、ここでも漫画の話を。とても楽しい時間でした。

    上手いアドバイスが出来たかどうかはわかりませんが、参加者さんのおかげで熱く充実した時間を過ごせました。そして私も頑張らなくちゃ!という気持ちに!漫画描きの一人として、新人漫画家を応援したい気持ちはすごくあるので、何かの役に立つのならまた開催したいです。