どうせ一度の人生さ

    1979年に放映されたドラマ「俺たちは天使だ!」が新キャストで復活するそうです。
     →公式サイト

    前作の内容はほとんど記憶にないのですが、なんかこぅいろいろと複雑な気分です。
    最近流行っているんでしょうかね、リメイクって……。
    確かこの探偵事務所には、女性キャラがいたような気がするんですが、メインキャストに女性はいませんねぇ。記憶違いでしょうか。
    とりあえず、CAPのブーメランは、ちょっとだけ見たいような気もします。


大きくなったら何になる?

    母親に、超・真顔で質問されました。

    「メダカって、大きくなったら何になるの?」

    ……?
    …………!!?

    カーチャン、いつもの天然か?
    それとも年齢的に、脳細胞の減少による云々カンヌン……?

    「メ、メダカは、大きくなってもメダカだよ……?」
    と、昔の歌にあったような台詞で返してみると、

    「あら、そうなの。」

    あの、母よ、貴女、子供の頃田んぼで遊んだ記憶なんかは

    「ないわねぇ。そもそも、田んぼを見たのも大きくなってからだし。」

    なにそれ超都会っ子!はじめて知りましたよ。


生理的嫌悪克服術


カップスープの話

    インスタントのカップスープを作って飲んだ。
    ちょっと薄いかな?と感じたが、それでもおいしかったので気にしなかった。
    カップの底が見えるころになってようやく、スープの素(粉末)が溶けずに残っていることに気づく。
    そ・こ・で。

    「うわっ、薄いはずだよ!ちゃんと溶けてないじゃん!
    素、残っちゃった。もったいねー。不味いの飲んじゃって損した」

     と思うか

    「うぉ!素(粉末)が残ってる!お湯足してもう一杯飲めんじゃね?ラッキー☆」

     と思うか。

    あなたはどちらでしょうか。


    ちなみにワタクシは後者でした☆
    欲張って、お湯入れすぎちゃダメだね!


ほぼ無償の「お仕事」

    仕事のオファーがありました。興味を惹かれるお仕事で、ぜひやりたい!と思ったのですが、報酬額がどうしても合わなくてお断りしました。描きたいものなら報酬額が少なくても受けるべきかもしれませんが、生業である以上、どうしても譲れないラインがあるんですよね。もっと速く描けて、大量生産して、単価の低さを補えたらいいんですけれど……。いくらなんでも、デビュー当時(10年前)の単価よりずっと低いものを請けるのは……お付き合いしている他社様にも申し訳ないです。

    デビューした頃はこれが最低額なんだなと思っていましたが、それより低い額でお仕事している作家さんがいるんですかねぇ。それともこれって、もしかすると「仕事」じゃなくてアルバイトとか趣味の域かしら?どう考えてもこの金額で(この仕事だけで)生活はできないと思うのですが。
    つづきを読む ›