日本家屋と水無月とチョコレート

    友人が参加しているグループ展に行ってきました。大阪市内の空堀というところなんですけれど、不思議な景色の町でした。駅を降りてすぐ、道路というより路地?みたいな通りがあったり、小さなアートスペースが点在してたり、普通の住宅が並んでたり、昭和もしくは大正時代のものじゃない?という古い建物があったり。ちょっとした探検気分を味わえました。駅から徒歩2分のギャラリーに辿り着くまで10分以上かかったのは、町並みを楽しんでいたから……というのは言い訳ですスミマセンまた迷いましたゴメンナサイ。

    グループ展は、ほのぼのした雰囲気の素敵な作品ばかりでした。こういうアート作品は、直接自分の仕事に関係するようなものじゃないけれど、何らかの形で、ココロの栄養になるような気がしています。また機会があれば足を運びたいです。

    お茶を飲みに行こうと、ギャラリーの近くを散策。そうして辿り着いた建物に、一目ぼれ!古い日本家屋の大きなお屋敷です。なんでも、大正末期に神戸から移築された、完全木造建築だそうで。美しいです。和モノ好きにはたまらんです。絵心が刺激されます。こんなお屋敷、どんな人が住んでいたんだろう……。

    お屋敷の中にはいろんなショップが入っていました。そこでチョコレート専門店のカフェに入りました。想像以上にメニューが充実していて心が躍りました。(それはもぅ、床ローリングしたくなるほどに)ケーキもパフェも食べたかったけど、まずは基本!と、プラリネ(トリュフみたいなチョコ)とお茶のセットを注文しました。期間限定の文字に惹かれて、レモン入りのチョコレートに挑戦!美味しかったです。一瞬、酸っぱいんだけど、その後チョコレートのマイルドな甘さに包まれて、後味もヨカッタです。お土産、買えば良かったなー!

    このカフェ、すごく気に入りました。カフェメニュー全部食べてみたいです。チョコ好きな友人にもお勧めしたいなぁ~。>「チョコレート専門店 エクチュア」

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る